スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

妊娠に影響を及ぼす恐れのある性病が膣トリコモナス症!

膣トリコモナス症は、トリコモナス原虫が感染することで引き起こされる性病です。症状は、黄緑っぽくニオイの強い『おりもの』が出るのが特徴といえます。さらに性器周辺に炎症が出てくると痒みも感じてきます。膣トリコモナス症を放置すると、子宮内や卵管にも炎症が拡がり、不妊・流産・早産などの原因になってしまうこともあるそうです。膣トリコモナス症の治療は、抗トリコモナス剤(錠剤)などを服用し、2週間位で治療できるそうです。特に女性の性病には、ちょっとした異変を感じたら『性病検査STDチェッカー』やふじメディカル 性病検査キットなどの性病検査キットを活用したいものです。いまの性病検査キットは、子宮頸がん 予防検査キット乳がん 検査キットといったものもあるので、いろいろチェックしてみるといいです!
関連記事

タグ : 膣トリコモナス症, トリコモナス原虫,

| 性病・性感染症のこと | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。