スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

性器カンジダ症(カンジダ膣炎)!症状や治療方法について!

性感染症の中に性器カンジダ症と呼ばれるものがあります。これは、カンジダと呼ばれる菌が性器に感染して起こる感染症の1つです。この性器カンジダ症は、男性よりも女性に起こるケースが多いとされ、女性がこれに感染した場合はカンジダ膣炎と呼ばれます。

特にカンジダは、酵母の一種で性器周辺や体の表面に存在する常在菌になります。健康体ならカンジダを増殖を防ぐので問題無いらしいですが、体調不良(疲労、ストレス、月経前など)などで体の免疫力が落ちると繁殖してしまうそうです。さらに通気性の悪い下着による性器の蒸れなどもカンジダを発症させる原因の1つとされています。

ただ性器カンジダ症は、男性の性器のように体外に露出して通気性がいい場合は起こりにくいとされています(ただし包茎の場合は別)。しかし女性の場合、性交未経験者でも発症することがあるほどだそうです。そのため女性が性器の痒みなど異常を感じて産婦人科を受診すると、かなりの割合でカンジダ膣炎と診断されることがあるようです。

ではカンジダの症状には、何があるのか紹介しておきます。

●性器カンジダ症の症状(男性)
強い痒み、分泌物、炎症など

●カンジダ膣炎の症状(女性)
強い痒み、おりもの(ドロっとしたヨーグルト、ボロボロしたチーズみたいな感じには要注意)、炎症など

なお病院でカンジダを検査する場合、性器を綿棒で擦って、カンジダの有無を検査するそうです。

次にカンジダの治療方法について紹介しておきます。一般的に膣坐薬の挿入・膣洗浄・軟膏の塗布をしたりするそうです。適切な治療をすれば短期間で治るようですね。ただし膣洗浄をする場合、症状を鎮めるのには有効ですが、必要以上(毎日、過剰に)に洗浄してしまうと善玉菌まで除去されてしまうので、逆に性感染症になりやすいとも言われています。

さらにカンジダは、性器の蒸れでも発症することがあるので、たとえ完治しても原因となりうる習慣を改善しないと再発したり、慢性化することもあるそうです。特に女性の場合は気をつけたいですね。とにかく菌にとっては、適度に温かく湿気が多い場所は繁殖しやすいですから!
スポンサーサイト

タグ : 性器カンジダ症, カンジダ膣炎, カンジダ,

| 性病・性感染症のこと | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。