スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

妊娠に影響を及ぼす恐れのある性病が膣トリコモナス症!

膣トリコモナス症は、トリコモナス原虫が感染することで引き起こされる性病です。症状は、黄緑っぽくニオイの強い『おりもの』が出るのが特徴といえます。さらに性器周辺に炎症が出てくると痒みも感じてきます。膣トリコモナス症を放置すると、子宮内や卵管にも炎症が拡がり、不妊・流産・早産などの原因になってしまうこともあるそうです。膣トリコモナス症の治療は、抗トリコモナス剤(錠剤)などを服用し、2週間位で治療できるそうです。特に女性の性病には、ちょっとした異変を感じたら『性病検査STDチェッカー』やふじメディカル 性病検査キットなどの性病検査キットを活用したいものです。いまの性病検査キットは、子宮頸がん 予防検査キット乳がん 検査キットといったものもあるので、いろいろチェックしてみるといいです!
スポンサーサイト

タグ : 膣トリコモナス症, トリコモナス原虫,

| 性病・性感染症のこと | TOP↑

性器ヘルペス!女性の場合、根気よく治療する必要がある性病!

性病・性感染症(STD)の1つにヘルペス(性器ヘルペス)と呼ばれるものがあります。この性器ヘルペスは、1型(口唇ヘルペス)と2型(性器ヘルペス)に分類することができます。要は口からも感染リスクのある性病(性感染症)なのです。ただし近年のオーラルセックスの多様化により必ずしも分類化されるわけではないそうです。一般的にヘルペスと性病のヘルペスといえば、この性器ヘルペスを指しますね。

性器ヘルペスに感染すると潜伏期(2日~10日)を経て水泡ができ、これが潰れて潰瘍状になるそうです。なお潰瘍状になると痛みがあり、さらに神経痛を伴うこともあるそうです。また感染者の男女比を見ると女性の方が多い傾向にあり、感染者のパートナーの7割程度は無症状という報告もあるそうです。

なお性器ヘルペスの治療は、保険適用で抗ヘルペス剤(バルトレックス・ゾビラックス、内服薬)や抗ヘルペス剤軟膏(塗り薬)を使うそうですでが、治療は1年程度続けられるようです。なお完治薬は、現在でも無いらしく一度感染すると治療に時間がかかる性病といえます。

特にヘルペスウイルスは潜伏力が強いらしく、風邪や疲労などで体の免疫力が落ちてくると発症してことがあるそうです。そのため現在の性器ヘルペスの治療は、再発治療や再発予防治療になるわけです。

さらに女性の場合、月経が来るたびに免疫力が落ち、性器ヘルペスが発症(再発)することもあり、精神的に追い詰められる方が多い性病といえます。

●まとめ

【性器ヘルペスの症状】
・痛み! 水泡が潰れた後の潰瘍の痛みと神経痛。さらに患部近くの神経麻痺。
・再発! 疲労・ストレス・月経など体の免疫力が落ちると発症(再発)するリスク。

【性器ヘルペスの感染や診断方法】
性器のあたりに特有の水泡や発疹(浅い潰瘍など)ができ、さらに痛みや痒みなどの違和感があるため、感染は容易にわかるそうです。さらに水泡内のウイルス細胞検査などでも診断する方法があります。


再発を繰り返す性病が性器ヘルペスですが、

タグ : 性器ヘルペス,

| 性病・性感染症のこと | TOP↑

性器カンジダ症(カンジダ膣炎)!症状や治療方法について!

性感染症の中に性器カンジダ症と呼ばれるものがあります。これは、カンジダと呼ばれる菌が性器に感染して起こる感染症の1つです。この性器カンジダ症は、男性よりも女性に起こるケースが多いとされ、女性がこれに感染した場合はカンジダ膣炎と呼ばれます。

特にカンジダは、酵母の一種で性器周辺や体の表面に存在する常在菌になります。健康体ならカンジダを増殖を防ぐので問題無いらしいですが、体調不良(疲労、ストレス、月経前など)などで体の免疫力が落ちると繁殖してしまうそうです。さらに通気性の悪い下着による性器の蒸れなどもカンジダを発症させる原因の1つとされています。

ただ性器カンジダ症は、男性の性器のように体外に露出して通気性がいい場合は起こりにくいとされています(ただし包茎の場合は別)。しかし女性の場合、性交未経験者でも発症することがあるほどだそうです。そのため女性が性器の痒みなど異常を感じて産婦人科を受診すると、かなりの割合でカンジダ膣炎と診断されることがあるようです。

ではカンジダの症状には、何があるのか紹介しておきます。

●性器カンジダ症の症状(男性)
強い痒み、分泌物、炎症など

●カンジダ膣炎の症状(女性)
強い痒み、おりもの(ドロっとしたヨーグルト、ボロボロしたチーズみたいな感じには要注意)、炎症など

なお病院でカンジダを検査する場合、性器を綿棒で擦って、カンジダの有無を検査するそうです。

次にカンジダの治療方法について紹介しておきます。一般的に膣坐薬の挿入・膣洗浄・軟膏の塗布をしたりするそうです。適切な治療をすれば短期間で治るようですね。ただし膣洗浄をする場合、症状を鎮めるのには有効ですが、必要以上(毎日、過剰に)に洗浄してしまうと善玉菌まで除去されてしまうので、逆に性感染症になりやすいとも言われています。

さらにカンジダは、性器の蒸れでも発症することがあるので、たとえ完治しても原因となりうる習慣を改善しないと再発したり、慢性化することもあるそうです。特に女性の場合は気をつけたいですね。とにかく菌にとっては、適度に温かく湿気が多い場所は繁殖しやすいですから!

タグ : 性器カンジダ症, カンジダ膣炎, カンジダ,

| 性病・性感染症のこと | TOP↑

性器クラミジア感染症!感染者数100万人以上といわれる一番感染者が多い性病!

特に10代後半~20代前半にかけての感染者が多いとされるのが性器クラミジア感染症!なお日本においては、一番感染者が多いとされる性病(性感染症)といわれています。その数、実に100万人以上というデータも!

なお、この性器クラミジア感染症の一番の特徴として挙げられるのが自覚症状を感じないことが多い点。ただ男性の場合、尿道から膿(分泌物)が出たり痛みを伴うことがあるので、それで性病に感染したと感じる方が多いようです。対して女性は、おりものが増えたり下腹部の痛みを伴うことがあるようですが、どうも分かりにくい傾向があるようです。

また性器クラミジア感染症の感染経路は、粘膜同士の接触や、精液・膣分泌液を介しての感染となります。なおオーラルセックス(口腔を使った性行為)で咽頭(のど)に感染することもあるようです。なお咽喉に感染した場合、発熱やのどの腫れや痛みを感じることが多いそうですが、これも症状を感じないことの方が多いみたいですね。

そこで性器クラミジア感染症になった場合の治療方法ですが、男性の場合は泌尿器科や性病科、女性は婦人科(産婦人科)や性病科になります。ただ咽喉に感染した場合は耳鼻咽頭科で治療することになりますが、耳鼻咽頭科の中にはクラミジア感染症に対応していないケースもあるため注意が必要です。

基本時に症状が出にくいクラミジア感染症ですが、一般的には1~3週間程度で発症するといわれています。病院で治療をすれば薬などの服用で1週間ぐらいで治るそうなので、思い当たることがあるなら性病検査キットなどで、まずチェックしてみることをオススメします。

タグ : 性器クラミジア感染症, クラミジア感染症, クラミジア,

| 性病・性感染症のこと | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。